2015年

12月

01日

【吹奏楽】ゴー・フォー・ブローク / 木星のファンタジー  12・10発売

■吹奏楽のための交響詩「ゴー・フォー・ブローク」  ブレーン・オンラインショップ

   (Go for Broke, Symphonic Poem for Band)

楽器編成表.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 132.5 KB

ミリラニ高校吹奏楽団(ハワイ)委嘱。2000年3月1日、同高校吹奏楽団の演奏、作曲者の指揮にて、静岡県浜松市での「パン・パシフィック・吹奏楽フェスティヴァル」にて初演。日系人による100大隊(第100歩兵大隊/100th Battalion)と442部隊(第442連隊戦闘団/442nd Infantry Regiment)に捧げられた。

 1941年12月7日(現地時間)の日本軍によるハワイ真珠湾奇襲ののち、日系人たちは犯罪者扱いされ、全ての財産を没収、強制収容所へ連行された。差別と弾圧に苦しんだ。そんな中、日系二世たちがアメリカこそが自分たちの祖国、今こそアメリカに忠誠を見せるときだ、と立ち上がり、進んで軍隊に志願した。そして、アメリカ兵としてヨーロッパ最前線での活躍は、今も日系人の誇りとなっている。

 しかし、アメリカ国籍をもつアメリカ人として、しかし自らの根底に日本の血を持ちながら戦った彼らの心境はいかばかりだったろうか。このことを、短い交響詩に描いた。タイトルは、この部隊でのモットーが「Go For Broke(ゴー・フォー・ブローク=「当たって砕けろ」「死力を尽くせ」)」だったことに因む。

 なお、この史実について、「100 442」と検索するだけでインターネット上にも数多く見つけられる。戦争の真実、取り分け人種問題を考えるよい機会ともなろう。

 そして終戦70年の時を噛みしめたい。


■木星のファンタジー 三部作「惑星」より   ブレーン・オンラインショップ

(A Jupiter Fantasy from "The Planets, Trilogy for Band")

 1999年、あるイベントのための音楽として、ホルストの管弦楽組曲「惑星」から「木星」の中間部のメロディーを用いた合唱曲を作った。それをもとにして同年にフルートとピアノ版を作り、その後、30種類以上に及ぶヴァージョンを作った。

 この吹奏楽(大編成版)は、2005年に作曲した「地球」、2003年に作曲した「火星」とあわせて、三部作「惑星」の一部となっている。

 中間部ではトランペットのアドリブで始まるが、繰り返しして様々な楽器で演奏してもよい。もちろんアドリブ大歓迎。