【新譜】オーボエ・ソナタ(宮村和宏氏委嘱) 2月17日初演

オーボエ・ソナタ 

3月10日発売予定  予約注文はこちらから

 

 「調性有り、引用無し、サン=サーンスやプーランクなどの系譜を継ぐソナタを」と、熱く熱く委嘱の声をかけられたのは、2014年の暮れのことだった。

 作曲家にとって「ソナタ」とは、特に室内楽の分野にあって、自身の力量を世に問うものとして重要な意味があった。また楽器奏者たちにとっても大切なレパートリーだ。が、変貌甚だしい現在にあって、ソナタがどれだけ必要とされているのだろうか。今は、軽めの音楽であるとか、映画音楽ふう、劇音楽ふう、はたまたゲーム音楽ふうの、映像を伴う音楽が好まれるきらいがある。

 西洋音楽は、ある一定の時間を音のみで構築する芸術だと思っている。そしてその豊穣な世界は、「ソナタ」無くしては語れまい。 

(初演プログラムノートより)

オーボエ・ソナタ解説
OboeSonata分析.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 209.7 KB

2月17日(金)宮村和宏オーボエリサイタル

日時:2017年2月17日(金)19:00開演(18:30開場)

会場:ヤマハホール

入場料:一般 3,500円(当日 4,000円)

    学生 2,500円(当日 3,000円)

出演者:宮村和宏(オーボエ)

    鈴木優人(ピアノ)、長岡聡季(ヴァイオリン)

    吉田篤(ヴィオラ)、朝吹元(チェロ)

プログラム:W.A.モーツァルト / オーボエ四重奏曲 K.370

                  望月京 / 青い森にて

      伊藤康英 / 委嘱新作初演

      W.A.モーツァルト / グラン・パルティータ K.361(C.F.C.シュヴァンケ編曲)
チケット取扱い:イマジン・チケットセンター Tel:03-3235-3777
                        ドルチェ楽器管楽器アヴェニュー東京 Tel:03-5909-1771 tokyo@dolce.co.jp