プロフィール

 作曲家。交響詩「ぐるりよざ」などの吹奏楽曲で世界的に知られる。また、ピアノ連弾曲集「ぐるぐるピアノ」シリーズ(全8冊、音楽之友社)は、「ピアノの新しい楽しさを伝える楽譜」として話題沸騰中。

 ピアニストや指揮者としても多くステージに立ち、音楽の魅力を楽しく伝えるコンサートは人気を集めている。

 作品にはオペラ「ミスター・シンデレラ」などの舞台作品、200曲の声楽曲、90曲の吹奏楽曲、他、多数の室内楽曲がある。作風としては、クラシック音楽を基盤としながら、現代人にフィットする音楽作りを目指す。シリアスな音楽からユーモア溢れる音楽、また、心癒される音楽まで、多様な側面を持つ。 東日本大震災後は、福島から詩を発信し続けている和合亮一氏の詩に付曲。なかでも「貝殻のうた」は、歌手・加藤登紀子らによってもCDに収められている

 近年は、アジアの吹奏楽界の発展のため、台湾、シンガポール、香港などで、指導、指揮を行っている。また、教育の分野においても、高校の音楽の教科書はじめ多くの教材に携わる。  

   東京芸術大学作曲科、同大学院修了、同大学非常勤講師。日本音楽コンクール作曲部門入賞、静岡県音楽コンクール・ピアノ部門優勝、日本管打・吹奏楽学会アカデミー賞作曲部門、研究部門受賞。サクソフォーンのための作品コンクール最優秀賞、奏楽堂日本歌曲コンクール優秀共演者賞、浜松ゆかりの芸術家顕彰。現在は洗足学園音楽大学教授。

ホームページは www.itomusic.com   ツイッターは @itomusic