管・弦・打楽器作品

トロンボーン (トロンボーンを含む)

15分間のトゥーランドット (プッチーニ作曲) [Trombone ensemble]

Title:Turandot per un Quarto (by G. Puccini) [Trombone ensemble]
Subtitle:for trombone ensemble

原作者:Giacomo Puccini
作曲年月日:2004年 12月 21日
編成:14Trb. Cb.Trb. Perc. Nar.
演奏時間:15:00(約)

初演データ (初演日)2005年2月23日
(初演者)洗足学園大学トロンボーン会 
(初演場所)「洗足学園音楽大学トロンボーン会第20回定期演奏会」横浜みなとみらいホール小ホール
委嘱者 洗足学園大学トロンボーン会
低音楽器(ユーフォニアム、トロンボーン、チューバ)四重奏のための 3つの民謡(ホルスト作曲)

Title:Three Folksongs for Bass Clef Instruments Quartet (by G. Holst) [Euphonium, Trombone, Tuba]

原作者:Gustav Holst
作曲年月日:2015年
編成:3Euph. Tub
演奏時間:9:20(約)

出版社:イトーミュージック/ブレーン
購入サイト: こちらをクリック
プログラムノート ホルスト作曲の《第2組曲》では、さまざまな民謡が用いられている。それらの民謡をホルストは、別の機会に無伴奏合唱に編曲している。その民謡集から編曲したのがこの曲集である。

ユーフォニアム4、あるいはユーフォニアム3とテューバ1、ユーフォアニム2とテューバ2、あるいはトロンボーン4など、さまざまな形態で演奏可能である。

〈鍛冶屋の歌〉は、吹奏楽の《第2組曲》とほぼ同じである。
〈恋人を愛する〉は、吹奏楽版ではメロディが2回繰り返されたのみで終わるが、合唱版は6番からなっており、失われた恋人が戻ってくるまでのストーリーが描かれる。途中のAnimatoやVivaceの部分では、かなりテンポを上げることができる。
〈スワンシー・タウン〉は、吹奏楽に出てくるメロディ(この合唱版では16小節分)のうち、後半が繰り返される形を採っている。この手の曲にしばしばみられる、メロディーの後半部分を「合唱で」反復する形式になっている。(なお、「Swansea」は実際の発音は「スウォンジー」に近いが、日本語題の慣例に倣ってここでは「スワンシー」と記した)。

演奏の参考になるよう、次ページには歌詞を掲載するとともに、スコア中に歌詞を書き入れておいた。(パート譜にはない)。
また、大人数で演奏しディヴィジ可能の場合は、スコア中の小さな音符を演奏することができる。(これも、パート譜にはない)。

初出は『バンドジャーナル』付録。この四重奏のために若干の手が加えられた。
この版は、2015年度東京コンセルヴァトアール尚美ディプロマ・コースにて取り上げられ、2016年3月28日、「伊藤康英と愉快な仲間たち」コンサートにて、井口紗希、古田土彬宏、中東朋美(ユーフォニアム)、鎌田直、多田和寛(テューバ)により初演。
初演データ (初演日)2016年3月28日
(初演場所)文京シビック 小ホール
金管五重奏のための「タイワニーズ・ファンタジー」 [2Trp. Hrn. Trb. Tub.]

Title:The Taiwanese Fantasy  -based on Yamai folk songs for Brass Quintet

作曲年月日:1995年 12月 29日
編成:2Trp. Hrn. Trb. Tub

初演データ (初演者)Yeh Shu-Han Brass Quintet
委嘱者 Cultural Ministry Taiwan R.O. China
望郷のファンタジア [2Trp .Hrn. Trb. Euph. Tub.]

Title:Fantasia de Saudade [2Trp .Hrn. Trb. Euph. Tub.]

作曲年月日:2011年 5月 5日
編成:2Trp. Hrn. Trb. Euph. Tub
演奏時間:8:00(約)

出版社:東京ハッスルコピー
購入サイト: こちらをクリック
初演データ (初演日)2012年1月9日
(初演者)ブラス・ヘキサゴン(辻本憲一、森博文、外囿祥一郎、長谷川智之、箱山芳樹、池田幸広)
(初演場所)「ブラス・ヘキサゴンコンサート」東京文化会館
CDタイトル:シャローム  ブラス・ヘキサゴン
レーベル・CD番号:CAFUA RECORDS (CACG-0180)
CD備考:
購入サイト: こちらをクリック
威風堂々より -金管合奏のために- (エルガー作曲) [3Cornet Hrn. Trb. Euph. Perc.]

Title:From "Pomp and circumstance" for brass ensemble (By E. Elgar) [3Cornet Hrn. Trb. Euph. Perc.]

原作者:Edward Elgar
作曲年月日:2001年 1月 20日
編成:3Cornet. Hrn. Trb. Euph. Perc

カルメンの魔力 (ビゼー作曲) [Fl. Cl. Sax. Hrn. Trp. Trb. Tub. Perc.]

Title:The Magical Carmen for Wind and Percussion Octet (by G.Bizet) ) [Fl. Cl. Sax. Hrn. Trp. Trb. Tub. Perc.]

原作者:Georges Bizet
作曲年月日:2005年
編成:Fl.(Picc.). B♭Cl. A-Sax. Hrn. Trp. Trb. Tub. Perc
演奏時間:4:30(約)

出版社:ブレーン
購入サイト: こちらをクリック
プログラムノート フルート、クラリネット、サクソフォーン、ホルン、トロンボーンまたはユーフォニアム、テューバ、打楽器、と、吹奏楽の主要楽器を一つずつ集めて作ったアンサンブル「マジカル・サウンズ」。そのアンサンブルのために作った編曲。こんな少人数でもなかなか充実したサウンドがするもので、いわば、世界最小の吹奏楽、とでもいったところだろう。
ビゼーのオペラ《カルメン》には有名なメロディがたくさん登場するが、そのなかから主に3つを選んで編んだ。冒頭には第4楽章冒頭、中間部は第1幕でカルメンが歌うハバネラ、最後は第2幕冒頭のジプシーの歌。ただ、原曲と少々違う音が使ってありますので、そのあたりを十分に表現してください。
初演データ (初演日)2005年
(初演者)Magical Sounds
CDタイトル:マジカル・サウンズのマジカル・サウンズ
レーベル・CD番号:BRAIN/BOCD-7166
CD備考:
購入サイト: こちらをクリック
8人の奏者のための「第1組曲」 (ホルスト作曲)[Fl. Cl. Sax. Trp. Hrn. Trb. Euph. Perc.]

Title:First Suite for Eight players (by G. Holst) [Fl. Cl. Sax. Trp. Hrn. Trb. Euph. Perc.]

原作者:Gustav Holst
作曲年月日:1998年 01月 13日
編成:Fl. B♭Cl. A-Sax. Hrn. Trp. Trb. Euph. Perc
演奏時間:11(約)

出版社:イトーミュージック / ブレーン
購入サイト: こちらをクリック
First Suit for eight Players (8m ~)
プログラムノート  吹奏楽の古典的な名曲である『吹奏楽のための第1組曲 変ホ長調』(G.ホルスト作曲、1909年)を8人で演奏できるように編曲した。なお、この編曲は、手書き譜による伊藤康英校訂版に基づいている。
 どんなに小編成でも、こうした吹奏楽曲などを立派に演奏できるものだという例として、アンサンブルのレパートリーとしてのみならず、小編成バンドへの応援としたい。
 「アンサンブル・オクトパス」(神野由梨(Fl.)、山本茉莉奈(Cl.)、三宅浩陽(Sx.)、光永智英美(Tp.)、田邊明夏(Hr.)、伊藤奏人(Ep.)、高井隆太郎(Tu.)、中村雄也(Perc.))により、2013年10月8日、洗足学園音楽大学シルバーマウンテン竣工記念コンサート「伊藤康英プロデュース 世界最小の吹奏楽、始動!」にて初演。
初演データ (初演日)2013年10月8日
備考 G.Holstの吹奏楽曲「第1組曲」の第1楽章Allegro moderatoの八重奏編曲版。
ラプソディ・イン・ブルー (ガーシュウィン作曲) [2Trp. 2Hrn. 2Trb. Euph. Tub]

副題:金管八重奏
Title:Rhapsody in Blue for brass octet (by G. Gershwin) [2Trp. 2Hrn. 2Trb. Euph. Tub]

原作者:George Gershwin
作曲年月日:1993年 8月 5日
編成:2Trp. 2Hrn. 2Trb. Euph. Tub
演奏時間:5:00(約)

出版社:イトーミュージック / ブレーン
購入サイト: こちらをクリック
プログラムノート 1924年正月、ガーシュウィンはわが目を疑った。新聞記事に、「ガーシュウィン、新作のピアノ協奏曲を作曲中」とあったからだ。頼まれた覚えはないし、今はミュージカルの作曲に忙しい。
 これは、委嘱者であるポール・ホワイトマン・バンドが仕掛けたものだった。
 オーケストレイションをホワイトマン・バンドの座付作曲家であるグローフェに依頼して、2月に初演されたのがこの「ラプソディ・イン・ブルー」。実はタイトルも、もともとは(ピアノの鍵盤になぞらえて)「白と黒のラプソディ」と考えていたのだが、ガーシュウィンの兄で作詞家のアイラがこの曲を聴き、「ブルーがよい」と提案して付けられたタイトル。

 ピアノとジャズ・バンドのためのこの曲を、金管八重奏で楽しめるようにしたのがこのアレンジである。もともとは15分以上かかるのだが、約5分に縮めてある。軽快にリズミカルに楽しんでみよう。

こわれた1000のがっき(マジカル版)[Fl. Cl. Sax. Hrn. Trp. Trb. Tub. Perc. Pf. Nar.]

Title:Story of One Thousand Broken Musical Instruments [Fl. Cl. Sax. Hrn. Trp. Trb. Tub. Perc. Pf. Nar.]

作曲年月日:2004年 10月 14日
編成:Fl. B♭Cl. A-Sax. Hrn. Trp. Trb. Tub. Perc. Pf.
演奏時間:12:00(約)

出版社:イトーミュージック
購入サイト: こちらをクリック
初演データ (初演者)マジカル・サウンズ
備考 絵本「こわれた1000の楽器」(野呂昶/カワイ出版)をもとにした音楽物語。 吹奏楽版・オーケストラ版あり
CDタイトル:マジカル・サウンズのマジカル・サウンズ
レーベル・CD番号:BRAIN/BOCD-7166
CD備考:
購入サイト: こちらをクリック
マジカル魔笛 [Fl. Cl. Sax. Hrn. Trp. Trb. Tub. Perc. Pf.]

Title:Magical Magic Flute [Fl. Cl. Sax. Hrn. Trp. Trb. Tub. Perc. Pf.]

作曲年月日:2005年 4月 11日
編成:Fl.(Picc.). B♭Cl. A-Sax. Hrn. Trp. Trb. Tub. Perc. Pf.

出版社:イトーミュージック
購入サイト: こちらをクリック
CDタイトル:マジカル・サウンズのマジカル・サウンズ
レーベル・CD番号:BRAIN/BOCD-7166
CD備考:
購入サイト: こちらをクリック
木星のファンタジー2001  [Fl. Cl. Sax. Hrn. Trp. Trb. Tub. 2Perc]

Title:Jupiter Fantasy 2001 [Fl. Cl. Sax. Hrn. Trp. Trb. Tub. 2Perc]

作曲年月日:2001年 1月 18日
編成:Fl. B♭Cl. A-Sax. Hrn. Trp. Trb. Tub. 2Perc
演奏時間:4:30(約)

出版社:イトーミュージック
購入サイト: こちらをクリック
プログラムノート  ホルスト作曲の組曲(惑星)の中の《木星》の中間部のメロディによる作品。1999年、静岡グランシップでの「Moving Music Express」にて初演。元々はヴォカリーズによる合唱曲として書いた。


この曲を聴いて、さてこのメロディはなんだっけ?と思われることでしょう。何かわれわれ日本人好みのメロディのようだなぁ、と思ったかもしれない。が、実はこれは、ホルストの手になる組曲《惑星》の中間部に出てくるメロディをもとにしているのです。1998年に合唱用に作った。その後、フルートとピアノのために作り直した。さらにマジカル・サウンズ用、静岡県浜松市の「冬の蛍」というフェスティヴァル用、倉敷チボリ公園用など、ずいぶんといろいろなヴァージョンを作った。このメロディ、近頃、ヒットチャートに乗っているらしいのだが…
(2004年2月29日マジカル・サウンズコンサート、プログラムより)
初演データ (初演者)マジカルサウンズ
CDタイトル:マジカル・サウンズのマジカル・サウンズ
レーベル・CD番号:BRAIN/BOCD-7166
CD備考:
購入サイト: こちらをクリック
アメリカのパリっ子 [Fl. Cl. Sax. Hrn. Trp. Trb. Tub. Perc. Pf.]

Title:A Parisian in America [Fl. Cl. Sax. Hrn. Trp. Trb. Tub. Perc. Pf.]

作曲年月日:2005年 10月 10日
編成:Fl. B♭Cl. A-Cl. Hrn. Trp. Trb. Tub. Perc. Pf.. Mallets
演奏時間:5:20(約)

出版社:イトーミュージック
購入サイト: こちらをクリック
初演データ (初演者)マジカル・サウンズ
CDタイトル:マジカル・サウンズのマジカル・サウンズ
レーベル・CD番号:BRAIN/BOCD-7166
CD備考:
購入サイト: こちらをクリック
23時45分のミスターシンデレラ 第1組曲 マジカル・サウンズ版

Title:Mr. Cinderella at 23:45 1st Suite

作曲年月日:2001年
編成:Fl. B♭Cl. A-Sax. Hrn. Trp. Trb. Tub. Mba. Perc. Pf.

初演データ (初演日)2001年12月10日
備考 第1組曲のみ Fl.Vc.Perc.Pf.版有り(第1、第2組曲共)
日本の四季の歌遊び [Trombone ensemble]

副題:トロンボーン・アンサンブル版
Title:Four Seasons of Japanese Children's Songs [Trombone ensemble]

作曲年月日:2005年 1月 5日
編成:12Trb
演奏時間:7:00(約)

プログラムノート ぼくたちが知っている日本の歌は、いったいどのくらいあるのだろう。きっと、数え切れないほどにもなるはずだ。それらの中で、もっとも多くの人に知られているものは、おそらく童謡や唱歌のたぐいに違いない。日本の歌100選などという本やらテレビ番組がときどきあるが、それのナンバーワンに挙げられるのは、「ふるさと」だったりする。
 ところでこうした歌には、色々なエピソードがある。たとえばこの「ふるさと」は、作曲の岡野貞一が、実際に故郷に錦を飾ることを夢見つつ書いたのではないかとも言われている。当時は馬車は高級だったが、その馬車に乗って実家に帰るようではなくてはいけないよ、と言われたとのこと。そして確かに「志を果たし」たのであった。
 一方、日本の歌の中に、時に奇妙なものもある。たとえば「ずいずいずっころばし」だ。出自不明であり、歌詞の内容も意味不明である。その昔、茶壷道中というのがあり、などといいう話を聞いたことがあるが、くわしくは分からない。にもかかわらず愛唱されているし、みんな覚えている。
 このたび、日本の童謡などを使った作品をと頼まれ、学生たちが挙げてきてくれた曲は20曲ほどにのぼった。これはむしろ少ない数といえるのだろうが、それらのほとんどを使って編んでみた。みんな知っているメロディばかりである。お楽しみに。 (初演プログラム/伊藤康英)
初演データ (初演日)2005年2月23日
(初演者)洗足学園音楽大学トロンボーン会 
(初演場所)「洗足学園音楽大学トロンボーン会第20回定期演奏会」横浜みなとみらいホール小ホール
委嘱者 洗足学園大学トロンボーン会
浜松市民のための三つのファンファーレ [4Trp. 2 or4Hrn. 4Trb. Tub. Perc.]

副題:1.ラ・フェスタ(La Feta) 2.ハママツ・クレシェンテ(Hamamatsu crescente) 3.ファッチャーモ!(Su, facciamo!)
Title:Tre Fanfare per i cittadini di Hamamatsu [4Trp. 2or4Hrn. 4Trb. Tub. Perc.]
Subtitle:1.la Festa 2.Hamamatsu crescente 3.Su,facciamo!

作曲年月日:2005年 8月 5日
編成:4Trp. 2Hrn. 4Trb. Tub. Perc
演奏時間:4:00(約)

備考 浜松市交響楽団の委嘱により作曲。